Top > サンドボックス

サンドボックス
HTML ConvertTime 0.460 sec.

概要 Edit

こちらは、wiki編集を練習するためのページです。
追加・削除・下記書き換えはご自由にどうぞ。
(※書き込んだ内容のリセットは強制ではありませんが、書き換えやすさを維持する為にも戻して頂けると助かります。)


当サイトは「Swiki(Pukiwiki)」のシステムを利用しています。
基本的な説明はSwikiのマニュアルでも参照できます。

練習用自由欄 Edit

練習

  • 全段階必要総数で要求数が多い素材をわかりやすく強調できると表を見るときに便利そう。
  • とりあえず背景色を変えてみたけどなんかイマイチ。
  • 強調した基準:ボス素材とフィールドレアは5個以上、メギドクエスト素材は10個以上。
    全段階必要素材総数
    フィールド素材個数フィールドレア素材個数ボス素材個数メギドクエスト素材個数討伐・特殊素材個数
    火口鉄2業火竜の鱗3魔獣の鎖2野性の赤紐(月・オロバス/銅素材)7冥王のエンブリオ若2
    贖罪のリンゴ9賢者のリンゴ1猛虫の羽根9野性の赤紐(火・オセ/銅素材)4冥王のエンブリオ成1
    神木の竿8異界の香木4猛虫の触角2貴族の襟(木・ウァサゴ/銅素材)6
    グリーンセージ7黄金豆1地獄蟷螂の鎌4貴族の水晶体(木・ウァサゴ/銀素材)18
    結晶石2青真珠1キマイラの羽根7死神のベルト(金・ビフロンス/銅素材)4
    慰霊の願糸15贋金虫の抜け殻7多頭獣の翼2死神のコサージュ(金・ビフロンス/銀素材)14
    ブロンズハンマー4ゴールドオイル1獣人のベルト1不運を生む棘(金・ビフロンス/金素材)7
    マジックオイル2肉食虫のハサミ1天邪鬼の刃(土・フラウロス/銅素材)9
    ハンターナイフ11怪人の杖1破壊神の羽根(土・フラウロス/金素材)1

メギドクエスト素材毎早見表 Edit

銅素材銀素材金素材
自己愛のフリル自己愛の氷結晶魔蝶の腰羽根
バエル×10☆2.5→☆3 ×5
☆3.5→☆4 ×5
アガレス×5☆2.5→☆3 ×2
☆3.5→☆4 ×2
☆4→☆4.5 ×1
×6☆5→☆5.5 ×3
☆5.5→☆6 ×3
モラクス×2☆3→☆3.5 ×1
☆4→☆4.5 ×1
×6☆4.5→☆5 ×2
☆5→☆5.5 ×2
☆5.5→☆6 ×2
フルフル×4☆3.5→☆4 ×2
☆4.5→☆5 ×2
×6☆4.5→☆5 ×2
☆5→☆5.5 ×2
☆5.5→☆6 ×2
ハルファス×10☆3→☆3.5 ×5
☆4→☆4.5 ×5
×13☆4→☆4.5 ×3
☆4.5→☆5 ×3
☆5→☆5.5 ×5
☆5.5→☆6 ×2
オリアス×6☆4.5→☆5 ×2
☆5→☆5.5 ×2
☆5.5→☆6 ×2
×3☆5.5→☆6 ×3
ダンタリオン×3☆2.5→☆3 ×1
☆3.5→☆4 ×1
☆4→☆4.5 ×1
×3☆4.5→☆5 ×1
☆5→☆5.5 ×1
☆5.5→☆6 ×1
×4☆5.5→☆6 ×4
ユフィール×22☆3→☆3.5 ×2
☆4→☆4.5 ×2
☆4.5→☆5 ×6
☆5→☆5.5 ×6
☆5.5→☆6 ×6
メフィスト×4☆3.5→☆4 ×2
☆4.5→☆5 ×2
×1☆4.5→☆5 ×1×6☆5→☆5.5 ×3
☆5.5→☆6 ×3
 左右入れ替え
 →前半消去
 右詰め

総数のみ Edit

銅素材銀素材金素材
バエル×10
アガレス×5×6
モラクス×2×6
フルフル×4×6
ハルファス×10×13
オリアス×6×3
ダンタリオン×3×3×4
ユフィール×22
メフィスト×4×1×6

メギド贈り物図鑑(仮) Edit

アップローダーに挙げたアイディアの詳細です。
祖と真でページを分ける事を前提としています。
記事名について:暫定で「メギド贈り物図鑑」に設定していますが、
この名称だと各段階の贈り物を一括で纏めているページと間違える可能性もあるため、
「贈り物豆知識集」「贈り物小ネタ集」にする案もあります。

  • ただ、こちらは画像まで収集された図鑑であると分かりづらい部分も。
    • 「贈り物」という呼び方だと汎用合成素材のデータも入ってる感じがします。「各メギド専用装備(集or図鑑)」みたいな感じの方がページの主旨が伝わりやすそうです。

テンプレ Edit

2パターン。
画像の形式がpngかjpgかまだわからないのですが暫定的にpngにしてます。

 パターン1
 パターン2
 リジェネレイト体の表示案

ページの構成関係の課題 Edit

何か課題が出てきたら追記していってください。
【見たいメギドがページ後半だったらスクロールが長くなる】
~考えた案~
A.メギドNo.で見出し作る

  • 今度は目次が長くなる(長い目次が個人的に嫌いで目に入った途端めんどくさくなって割りとブラウザバックするタイプ)
    • 見出しをNo.1~10とかにすれば目次もちょっとは短くなる? ただ、好きなメギドのナンバーすら正確には把握してないので10~20とか20~30とかで表記されるとすぐにはわからない。
      • 祖と真でページ分割、目次でナンバー分割(10番ごと)が限界かと思います。
         ナンバーが分からない方に向けて、ページトップに逆引き検索使用を推奨する一文を足すという形の対処法を提案します。(管理人)
  • #contentsを切って冒頭にページ内リンクのテーブルを作ってみる
    • リンク用のidは*バエル[#so01]とかにしておく
    • 枠の都合上リジェネレイトはリンクなし、もしくは改行して同じセル
    • これでも結局探すのは面倒なのでもう五十音順で並べたほうがいい気がする?
  • すごくいい案だと思います。この表と組み合わせて有志攻略wikiのメギド一覧のページや(こっちはよそのゲームのwikiになってしまうのですが)PSO2wikiの登場人物紹介のページのように、名前の上に画像アイコンを表示させるとナンバー順でも五十音順でもわかりやすくなりそうだと思ったのですが、ページがどれくらい重くなるのかとスペースをどれくらい取ってしまうのかが気がかりではあります。
 目次テーブル番号順
 五十音順

B.ラッシュ・カウンター・バーストで子記事にして分ける

  • でもリジェネレイトと非リジェネレイトは並べて見たい

C.余談の文字数制限を設ける

  • 気休め程度ではあるものの、長文を避ける事でデータの飽和を抑える案。
     詳細な文字数は決めていませんが、アガレスの説明文から考えた場合、
     200文字、250文字、300文字のどれかが適切かと思います。(管理人)
    • あまり余談が長くなるのは確かに避けたい事態ですね…。でも、きっちりした文字数を決めてしまうと時折それが編集者に対する強めの制限になってしまうので、大体これくらいの文字数で~って感じの注意を添えておくくらいがいいかもしれないです。

どんな感じのページなのか(具体例) Edit

パターン1の更にプロトタイプの型式で書いてます(すみません)。
contentsとか見出し記号とかは無効化させてます。
疑問に思われそうなので正直に告白しますが、メギドNo.すっ飛ばしてフォカロルがあるのはこのページのアイディアがそもそもフォカロルからひらめいたものだからです。

 原案
  • 【余談】は攻略本のアイテム説明欄とか、ページの一番下にすごく小さい文字で1~2行くらいで書いてあるあんまり攻略に関係ないゲーム内豆知識とかをイメージした上で、あえて攻略本よりは主観的なノリになることを意識して書きました(有志wikiは適度に主観が入った方が有用性が上がると思うので。とはいえ「適度」の適度なさじ加減がすごく難しくはあるのですが)。必須項目にすると負荷がすごいので書けるネタがある人が書いていくミニコーナーみたいになれば理想的です。

贈り物早見/一括表 Edit

  • 素材を表記しない簡易的な贈り物表。こちらは各メギド個別ページの最初に挿入する予定です。(管理人)
     ここでの色分けは基本の4色のほか、専用の贈り物を新規の色で装飾しています。
  • アップローダー(No.83)の要望をある程度満たすことが出来る(画像付き専用贈り物は別)
    • スマホからだと結構スクロールしないといけない感じです。
  • 非合成品素材(非レア)の色を灰色に変更する案もあり
    • 文字の装飾が多すぎたり、文字の薄さの影響でかえって読み辛くなる可能性もあります。
  • ページによっては贈り物順序が乱れているので注意

※改良が重なってきたため、一部の表・文字を消去しました。
バックアップをとっておりますので、復元を希望する際はこちらに書き込んで頂ければ元の状態に戻します。


 中央配置を基本に、専用贈り物のみ移動・色付け
 管理人の改案

個別ページ改良案 Edit

  • 贈り物早見/一括表の案が色々出ているのを見ていて、ふと個別ページをこういう風にしたら見やすさが格段に上がるんじゃないかと思ったので書き込んでみました。(例としてオリアスの5→5.5を使用してます。)
    • 利点:ページ全体の縦の長さを短くできる。
    • 問題点:簡単な作業とはいえ項目数が多いので作業量も必然的に多くなる。しかも今は年末でwiki編集が負担になりやすい。
進化に必要な贈り物
預言者の法衣古王国の金香炉
流星の靴氷の祈り
ウィッチブルーム氷丹ドロップ
夢現の銀香炉黄金郷の輝石
暴君の冠ファントムクローク
 合成に使用する素材も含めた表を表示する
  • それと、こちらは提案しようか迷ったのですが、各段階素材総数のところを素材の種類別にテーブルを分けて折り畳むと見やすさと情報の探しやすさが改善されるような気がします。
    • 折り畳みには賛成ですが、種類毎となるとクリックの手間が増えすぎるように思います
      通常ドロップが需要の低さの割にスペースを取りすぎるのは確かに問題だと思うんですが…
      • クリックの手間が増えるのは確かに気になるんですよね…。B案に近い感じの提案ですが、【折り畳みは全部一緒・素材を種類別で「ヘッダーで」分ける】とかどうでしょうか。
      • 通常ドロップは入手頻度が比較的低いものを大量要求されるとかなりつらいので、大量要求の確認という意味では個人的に需要があります。

A案(種類別に折り畳み) Edit

  • ☆5→☆5.5必要素材総数
     メギドクエスト
     フィールドレア
     ボスドロップ
     フィールド通常

案B(一括折り畳み) Edit

 そのまま
 区切り
 テーブル分け

C案(2分割) Edit

  • ☆5→☆5.5必要素材総数
     メギドクエスト・フィールドレア・ボスドロップ(良い見出しが思いつかないので仮)
     フィールド通常